日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

金武の田んぼでシギなど

2018年10月24日(旧暦では2018年9月16日)

久しぶりに金武へ行ってきました。水路の護岸は雑草が綺麗に刈られていましたが、エリマキシギやオジロトウネン、コアオアシシギ、アオアシシギ、アカアシシギ、セイタカシギ、ヒバリシギなど数は少ないですが、いろいろ入っていました。

昨年の秋、同所で足環の番号を読んだ 「KANKYOSYO TOKYO JAPAN 6A27456」のメタルリングを装着したアカアシシギ もやってきていました。

田んぼには、タシギやチュウジシギのほか、 先日見つけた翼の折れたアカアシシギ がいました。元気にやっています。渡ることはできないと思うので、ここで一生を終えることになるのでしょうか。金武をうろつくマングースや野猫、野犬にやられないことを祈ります。

ハクセキレイやキセキレイ、ツメナガセキレイも増えていました。

アカアシシギ

昨年も同所に現れたメタルリング付きのアカアシシギ。

エリマキシギ

エリマキシギ幼羽から第1回冬羽。

オジロトウネン

久しぶりに見たオジロトウネン。1羽だけヒバリシギの群れに混じっていました。

アカアシシギ / 足環・フラッグ付き

翼の折れたアカアシシギ幼鳥。

コアオアシシギ

コアオアシシギは数羽が水路にいました。成鳥冬羽へ。

ヒバリシギ

ヒバリシギは水路や田んぼにたくさんいました。

タシギ

タシギ3羽。

タシギ

タシギ。

タシギ

尾羽がおかしいタシギ。

タシギ

これもタシギ。田んぼはタシギだらけ。

チュウジシギ

チュウジシギは1羽だけいました。

ハクセキレイ(亜種ホオジロハクセキレイ、亜種タイワンハクセキレイ、亜種シベリアハクセキレイ)

10月中旬から増えてきたハクセキレイ。